中居正広、サムガ:『今すぐKiss Me』

リンドバーグのヒット曲、2度もかけた。

雲行きは気にしない
忘れ物もない
切符だけ手に入れた
バラ色の地図

これ香取さんのファンテジーの「視界の左右から迫る黒い雲恐れず」と呼応してるよね。
地図はもちろん「新しい地図」と重なってるし。
「黒い雲」は3人のレギュラー番組と中居さんの番組、窓図書館号外、を打ち切りにさせたジャニ事務所の圧力かな。
それも気にせず「バラ色の地図」を頼りに「太陽=ライブのステージ」に向かう。

持っていかなきゃならないものはちゃんと手の内にあるのかな。

ジャニーズ事務所の羊さん親子の嫌がらせは続くかもしれない、中居さんの新番組も潰されちゃうのかなと思うけど(もちろんそうならないことを願って一生懸命応援するけど)、5人の並びを見れる日は確実に来るような気がする。

Yumey

悲しみと至福と:SMAPの将来

中居さんの号外スクープが強制打ち切りになったようですね。公式ツイ(@nakai_scoop)での告知には悔しさがにじみ出ていました。「きちんと最期の報告をしていなくて申し訳ない、なかなか受け入れられなかった、こんなに時間がかかってしまった…..」という内容でしたね。

中居の図書館も、人気番組で深夜にしては視聴率もよかった「ナカイの窓」も理由もなく打ち切られ、中居さんの後番組はローカル番組だったり30分番組だったり数字の取りにくい時間帯だったり。

昨晩はCDTVの平成特集で「世界に一つだけの花」は1位、「夜空ノムコウ」は44位だったにもかかわらずSMAPの映像が流されませんでした。CDTVは他のキー局に比べるとSMAPさんたちを応援している感じのTBSの番組なのに。ジャニーズ事務所が映像を使うことをNGしたのでしょうか。

また中居さんはラジオで「僕はどこが変わったんでしょう」という質問の答えを教えてくれませんでしたね。おそらく収録はして答えを言っていたのかもしれませんが、その収録したものを放送することをジャニーズ事務所がNGしてお蔵入りになってしまったのかもしれません。

このような悲しいことがあっても私が楽観的でいられるのは、SMAPさんたちがどんより悲しそうではないからです。香取さんの直近のファンテジーのブログ投稿の係長と課長の会話もスマヲタ的には希望の持てるものでした。

ジャニーズ事務所のメリーさん、藤島ジュリーさんは嫌がらせを続けていらっしゃるようで、中居さんについても中居さんが覚せい剤を使っているだの結婚しそうな女性がいるだの中居さんの評判を落としたりファンが嫌がるような記事を3流マスコミに書かせているような気がします。女ネタに関しては退所前に草彅さんもガセっぽい記事を書かれていましたし、香取さんについてはスポ紙や週刊誌を訴えてもいいくらいの酷い捏造記事を書かれていました。3人が退所してカレンおよび法律事務所と契約を結んだとたんに法律事務所が3人を守ってくれるようになり、名誉毀損するような捏造記事の投稿がピタッと止まりました。

中居さんの所属が変わるまで中傷記事が出続けるとファンも辛いですが、この状態はそう長く続かないと思います。

もちろん中居さんと木村さんの所属変更が発表された後もメリーさんとジュリーさんの嫌がらせは続くと思いますが、嵐もG活動をするのは来年までですし、ジャニーズにはSMAPのポジションで芸能界で活動できるGやジャニタレはもういないのです。つまり事務所の力はこれまでとは比べものにならないくらい弱っていく(それでも私が何度も言っているようにジャニーズのタレントさんたちはテレビ露出が減っても舞台やコンサートを大事にしてネットテレビなどで露出を増やしていけばファン向けの活動は充実させることができるはず)。

SMAPの未来は間違いなく明るい。ファンも心配はほどほどにして今楽しめる5人の番組やSNSを十二分に楽しもう!

追伸:木村さんのお嬢さんは老舗大手のモデルエージェンシーに所属されるとの話があります(私自身は事実確認はできていませんが)。そのモデルエージェンシーは田辺エージェンシーとも協力して所属のモデルさんたちをモデルとしてだけでなくタレントや女優、アーティストとしても才能を伸ばせるように合同プロジェクトを展開しているとのこと。お嬢さんが今後このようなしっかりした事務所で訓練を受けられるのなら木村さんも一安心ですね。田辺エージェンシーはもちろん「新しい地図」の後ろ盾になってくれている事務所でもあります。

Yumey

SMAPとジャニーズ事務所:その2

何度も言ってるけどSMAPがバラエティー向きアイドルだったことは突然異変で、ジャニタレでは珍しかった。ジャニーズジュニア、ってダンスのレッスンとかバク転の練習とかやってるわけで、芸人さんたちみたいに漫才の練習とかしないでしょ?AKBグループのメンバーの中でさっしーがバラ向きだったのと同じくらい特異なことだったと思った方がいいと思う。直近の後輩のキンキがバラエティーもトークも結構上手だったから、ジュリーさんも世間も間違っちゃったのかな、って感じ。

この根本的な誤解の上に立ってジュリーさんはSMAPの後輩のマネージメントをしてきた。で、なぜかジュリーさんにとっては飯島マネが神だった。すべてにおいて飯島さんがやってきたことの後追いをしたがるジュリーさんより飯島さんを高く評価している人はいないような気がする。

よくわからないのはジュリーさんは飯島マネをとても羨ましがってるような節が見えるけど、飯島マネってそんなに羨望の対象になる人かな、ってこと。そりゃSMAPをあんなにキラキラと輝けるプロデュースして結果出して、その意味での充実感はあったとは思うけど、SMAPの統括マネージャーっていう仕事は「激務」だよね。忙しい時は夜も遅いし、おそらく週末や国民の休日も働いてる。あと、仕事上のお食事や飲み会みたいなパーティーに挨拶や人脈作りのために出なきゃいけないことも多いと思う、さまざまなお偉いさんとの食事や飲みの席での会合なんかも含めて。飯島さんは収録や舞台本番初日なんかにもいつもいらっしゃるようだし、ほんとうにお休みが少ないと思うのだけど。

あと、独身だし。もちろん子供を育てるのはハンパなく時間とエネルギーを使うから、自分がとてもやりたい仕事がある人は恋人はいても独身で仕事に打ち込める方が幸せな人も少なくないとは思うけど、ふつうは合うパートナーがいて子供がいる方がどちらかといえば羨ましがられると思う。

私個人は飯島さんのような仕事で超忙しい人を「羨ましい」とは思わないけどな。しかももの凄〜く収入があるならまだしも、ジャニーズ時代は「主任」みたいなポジでJドリでは役員だったけど、彼女が仕事に使っている時間や業績を考えたらもらってたお給料はそんなに高くないと思うし、今は社長とはいえ3人しかタレントがいない弱小零細事務所。

だからジュリーさんが飯島さんみたいになりたい、って思っているのが不思議。

ってかジュリーさんは「敏腕」って褒められたいだけなのかな?

これも何回も言っているけど、ジュリーさんの問題は音楽にもコンサートにも、舞台劇にも、テレビドラマにも、バラ番組にも、映画にさえも彼女が興味がありそうにみえないこと。うちの妹なんかも仕事と子育てに追われて、若いころ興味があった旅行やおしゃれや映画に興味なくなっちゃったけど、そんな彼女だってテレビのバラやドラマを見るのは楽しみにしてて自分の意見を持っている。エンタメに全く興味がない知り合いも一人いるけど、彼女はそれなりに嫌いじゃない仕事してるし独身だけど家族や友人関係が充実してる。ジュリーさんはどうして自分があんまり興味のない芸能関連の仕事をしたいんだろう?

ジュリーさんはとにかくジャニ事務所の社長になりたい、って思ってそうだけど、ジャニ事務所の社長になっていったい何をしたいの?ジャニーさんは古臭いと言われても確固としてやりたいことがあるし、タッキーも「やりたいこと」がいっぱいありそう。飯島さんは「SMAPをキラキラ輝かせる」っていうわりと単純な目的を達成するために日々頑張ってらっしゃる感じ。

ジュリーさんの場合はGを輝かせるというよりは、内容はどうでもよくてただ単に数字が欲しいだけのような。Gやジャニタレを「輝かせる」ためにはそのGやジャニタレのことをよく観察して、理解して、それぞれに合うプロデュースを考えなければいけない。芸能に興味のないジュリーさんにはこれがまったくできないんだと思う。だからやみくもにGやタレントをテレビに突っ込む。それでなんとかなる場合もあるし、村上くんのマツコさんとの番組や、イッテQの手越くんとか合ってうまくいく場合もあるけど、相葉くんや嵐の紅白大トリ、直近で『砂の器』なんかは失敗だし、他にも多くの失敗例が。

あと、ジュリーさん、嵐をとても贔屓にしているわりには嵐のコンサートに頻繁に行ったりしてるのかな、っていう疑問も。嵐のドラマも映画もCMもジュリーさんが楽しんで見ているようにはみえない。岡田くんの映画や大河、錦戸くんのドラマも同様。そこがSMAPメンバーの舞台でもファンミでも心から楽しんで見ているのが目情でありありとわかる飯島さんは違うんだよね。

そもそもジュリーさんはジャニ事務所で何をしたいんだろう?ジャニーズ事務所を将来的にどうしたいんだろう?

数年前の記事では多くのGを潰して、ジュニアも大量解雇、贔屓のGの他はこれもまた贔屓のソロ仕事を中心にして、「コスパ」よくお金儲けをしたい、って書いてあったけど。私は金儲けと自分の贔屓を押すことだけしか考えていない彼女の方針には反対だし、そもそもSMAPの力でキスマイに限らず他の後輩もバーターできてたようなものなのに、SMAP潰したらジャニーズ帝国そのものが崩れ去ってしまうことが予測されたでしょうに。嵐が何とか数字が取れているのは裏を弱くしてもらう、旬のゲストを呼ぶ、脇を超豪華にする、足を引っ張る後輩のバーターはなし、電通に数字を微調整してもらう、などをしているからであって、嵐は特に一般の非ヲタが見ないと数宇の上がらないテレビや映画では結果を出せない。じゃあSMAPは数字持ってるのかと言われたら、少なくとも中居木村は持ってるし、草なぎドラマもぷっすまも安定して数字が取れていた。香取さんも数字の取りにくい家族ドラマで最初の三回これでもか、これでもか、みたいに他局が特番をぶつけてきた日9の「家族ノカタチ」は良ドラマで数字も落ちなかった。スマステは視聴率は同時間帯2位だったし、広瀬すずちゃんの出世作とも言えるし、朝ドラでブレーク前の杏さんと共演だった「幽かな彼女」はジャニタレAKBのバーターざんまいで叩かれてたフジテレビだったけど一度も一桁になることがなく、最終話の視聴率は14.1%。おじゃマップは予算を減らされたのか香取さんがあまり出て来ないバスツアーばっかりやってたし中居さんの身になる図書館も同じだけどお休みが多過ぎて習慣視聴者を失ったのが数字が悪くなった原因だと思う。吾郎さんはテレビドラマは準主役脇役ゲストとして出ることが多くなってたけど「不機嫌な果実」なんかはとても話題になってたし、個性的な俳優タレントとして抜群の存在感があった。

つまり、このSMAPの5人が揃ってジュリーさんたちに嫌がらせをされずに芸能活動ができたら最強、ということ。

SMAPを少年隊のようにして少数精鋭でジャニ事務所を運営するというジュリーさんの方針も今となっては押すつもりだっった嵐関ジャニNEWSが自己崩壊を遂げつつあって、SMAPは復活してもジュリーさんのジャニ本社とは別枠でやるだろうし、今後ジュリーさんはジャニーズGやジャニタレに何をさせたいんだろう?ソロで俳優仕事やってる岡田生田風間くんたちなども私はそこまで上手いとは思わないけど、あんなふうに映画やドラマの仕事をさせるなら、彼らがジャニーズである必要がない。ふつうの芸能事務所でいいじゃん、って思っちゃう。SMAPがやってきたことと正反対でソロのジャニタレは還元するGがないから、押すならGや冠番組があってGや他のメンバーにもメリットがあるメンバーがいいような(ソロの人たちを干せって言ってるわけでなくちょっと押されすぎのような気がするだけ)。

あとジュリーさんがお金が増えることに喜びを感じるのなら、私財を株や不動産に投資して財テクでもして遊んで欲しいわ。そしてそんなにお金が好きならSMAP復活させて、初期投資もプロデュースのための投資もゼロで寝ててもお金が入ってくるライセンスビジネスやればいいのに。

伸びしろが少しでもあるのは平成ジャンプとその下のGだと思うけど、彼らに何をさせたいんだろう?有名原作のドラマや映画ばっかりやらせると、キムタクドラマみたいにタレントの個性を生かせないし、アイドル事務所の方針としては私はそれほどいいとは思わない、たまにならいいけどね。冠のバラ番組もSMAPの後追いさせても彼らはスキルがスマみたいに高くない(いつも言ってるけどいいともやスマスマ生特番なんかで鍛えられてないしね)。ジュリーさんこういった問題や事務所の将来のことほとんど考えていないようにみえる。

そもそも、将来的なビジョンも持ってない人が社長になるのが間違い。アメリカで仕事をしてたとき私の働いてる部署の「5ヶ年計画」ってのを時々提出させられてたけど(私はちょっとした意見は出しても私が書いてたわけではないけど)、ジュリーさんも「5ヶ年計画」書いて、ジャニ事務所の偉い人たちで検討修正して方針を決めるくらいして欲しいわ。ジュリーさんに「5ヶ年計画」を書く能力がないとしたら社長になってはいけないのでは?

最初の問題提起に戻るけど、ジャニーズ事務所で実際に統括マネージャーとしての「激務」に携わることでジュリーさんは幸せになれるんだろうか?それも、芸能にもジャニーズのタレントがやりたいことにも興味もなく、ミスキャストも少なくなくマネージャーとしての仕事は成功しているとはいえないのに。飯島さんが仕事で充実しててハッピーだとしても、同じことをジュリーさんがやってハッピーになれるわけじゃない。

ジャニーさんにはジュリーさんをオーナーにして、マッチさん、ヒガシさん、タッキーみたいなジャニタレを社長、飯島さんに統括マネージメントをまかせて、経営はそっちの専門の有能な人にまかせるっていう構想があったらしいけど、ジュリーさんもその方が幸せだったんじゃないかな。オーナーで会長のポジだとしたら、それなりにジャニタレのマネージメントやプロデュースにも口出しできただろうし。

私はアメリカ生活が長かったのだけど、アメリカの上級国民は50過ぎて「激務」の仕事をしている人たちじゃなくて、ビル・ゲイツなんかそうだけど、お金を腐るほど持っててリタイアか半リタイアして自分の好きなこと、チャリティーや美術品蒐集、旅行なんかを好きにやってる人たち。アメリカにいるとより上級なのは、俳優さんやアーティストじゃなくて、彼らのタニマチ的なポジにいる全く働かなくても株や不動産で高額収入のあるお金持ち、っていうのがよくわかる。お金持ちは自分の贔屓の役者さんにお金を出して、彼ら、彼女らの出演作品を客席で見て楽しむ、お金を出すっていうのは劇場(美術館もありだけど)に高額寄付者のリストに載って、パーティーに呼ばれたり、席もいつも神席で観劇できたりするってこと。

ってか自分の時間を「仕事」じゃなくて自分の好きなことに使えるって最高のぜいたくだし(もちろんむちゃくちゃお金がないと好きなことできないし、人生面白くないけど)、私自身がジュリーさんのポジだったらいろいろ面倒臭いことも多い会社経営なんか他の人にまかせて、観劇ざんまいしたり、チャリティーの方いろいろやったり、好きなことして暮らすけどな。あと男性とデートとかも。

ジュリーさんの娘、メリーさんの孫に会社を譲るためにジュリーさんが頑張っているって話もあるけど、オーナーなんだから会社は自動的に孫がゲットするだろうし、その孫がジャニーズのマネージメントやプロデュースに興味があるなら飯島さんの側で仕事を勉強させてもらって才能があるなら飯島さんの後を継いでもいいわけだし。

ここでSMAPの現在の話に戻るけど、カレンは確かに別会社だけど、業務提携って方法があるんだから中居木村のソロマネージメントとSMAPはカレンが担当、みたいなことにすれば万事解決するような。

ジュリーさんはジャニタレの能力も的確に判断できず、将来へのビジョンや戦略のなくジャニ事務所のヘッドをやっていても、事務所は先細るだけだし、本人にとってもいいことはないと思うから、方針転換をした方がいいと思う。周りの人たちも、ジャニ事務所のことだけでなく、ジュリーさん自身のことを考えても彼女のポジションを再考するべきでしょう。

Yumey

昔の事件

稲垣さんの事件の話です。私の結論は稲垣さんはほぼ悪くない。この件について過去5年くらいいろいろ考えた末、ネットに上げられた目情なども含めて事件を再構築してみていくつかの謎が解けたので、私の考えを述べたい。なぜこの件を今書くかというとSMAPの復活の前に書いておきたい、あと若い方で当時のことを知らないファンで経緯を知らない人にもわかってもらっていた方がいいと思うから。読んでファンが傷つくような投稿ではありませんが、読みたくない人はページを閉じればいいです。

まず最初に稲垣さんが駐車違反をしていたのは渋谷の繁華街ですから、タクシーの運転手さんなどで事件をはじめから最後まで見ていた人もいるのです(メディアはそういう目情は報道しなかったようですが)。全部を見ていなくてもこの件を見ていた人たち(野次馬も少なくなかったでしょうが)は少なくない。目情情報と警察からの発表(事件の詳しい報告はされず今に至っていますが)は食い違っているところも多い。

また、ファンとして知っておかなければならないのは、会見を開いたのがまだ捜査中の時期だったので、吾郎さんは事件そのものについては会見で話すことはできませんでした。つまり彼の側からの見解は一切封印して今に至っているのです(彼の側からの見解を明らかにすると警察を悪く言うことになるかもしれないので、不起訴になり、謹慎の後、芸能活動もできるようになったので言わないで穏便に済ませた、ということでしょう。ただ今でもネットで悪口を言う方々が後を絶たないので私(Yumey)の考えで事件を再構築、再考したいと考えてこの投稿をしています)。

事のはじまりは、稲垣さんが買い物やレンタルビデオ屋さんに行って駐車していた車のところへ戻って来たら(本人の会見での話では、止めてから帰ってくるまで2、30分)、婦警さん2人が駐禁キップを切っていた。

本人会見によるとこの頃稲垣さんは「数名の方に追いかけられて」いた。私(Yumey)は最初はストーカーのファンがいたのかな、と思ったのですが、吾郎さんはこの頃、人気女優さん(菅野さんだったのかな?)と付き合っているみたいなことを芸能マスコミの話題に上っていたので、追いかけていた人たちはマスコミ、というのが正解でしょう。この事件は2009年に草なぎさんの事件が起こった時にネットで蒸し返されましたが、その時出た記事には、稲垣さんは当時「人がだんだん集まってきて、このままでは写真に撮られて雑誌に掲載されると思い、 場所を変えて人目につかないところで手続きしてもらおうと思った。 非常識なことをして反省している」と言っていたとあります(記事は消えていますが、この部分を含む蒸し返し記事が掲載されたサイトはhttp://www.zakzak.co.jp/gei/200904/g2009042303_all.html )。

その場にいたタクシーの運転手さんの話では「乱暴な止め方で駐禁キップを切られても仕方がない、と思った」みたいな感じだったそう。バッチリ駐禁の場所に止めていたわけではなく、「駐禁キップを切られても文句が言えない」と言った程度(https://response.jp/article/2001/08/28/11268.html)。

その後、渋谷の繁華街、吾郎さんは「自分はSMAPの稲垣吾郎」でマスコミに追いかけられているという意識がありますから、とにかくそこから移動したい、と言う気持ちが強かったと考えられます。稲垣さんの肩を持たずに婦警さんたちの側にも公正に考えれば、定かではないけど最初は車を移動させれば、「駐禁キップ」を切られるのも回避できると思ったのかもしれない(真実はわからない)。「車をどかせばいいんでしょう」と言っていたという目情もありますが、「ここでは(人が集まってきて)マズいので、後で出頭しますから」のようなことを言っていたとも。婦警さんの一人は「免許証を見せなさい」と大声で叫んでいたとの話もあるし、吾郎さんが名刺を渡していたとも(https://response.jp/article/2001/08/30/11298.html)。

この時点で吾郎さんとしては少なくとも婦警の一人は自分が有名人で、人が押し寄せてきたらマズい、だから一旦車を動かしたい、という彼の言うことをわかってくれたと思って、車に乗り込み、発進。

ところが婦警さんたちは稲垣さんが逃走しようとしたと思ったのでしょうか、婦警さんの一人が車の進行方向に立ちはだかり、車は急ブレーキをかけて止まる。婦警さんが転んだという目情はありますが、見ていた人で車と接触はしていなかったという人も。もう一人の婦警さんが「アンタ、人を殺す気?」と言って立ちふさがった、一方、転んだ婦警さんは「当たった! 当たった!」と絶叫していたとも。その後、吾郎さんは車を後ろに動かした、婦警さんたちはこれを「逃げようとしている」と取った?(上記サイトを参照)

その後、稲垣さんは車の中から電話をしていた。稲垣さんは車内から窓越しに「ここではパニックになります」と言っていたとの話もあるけど、これは、稲垣さんに好意的な人の捏造でないとは言えないので本当かどうかはわからない。ただ、本当に起こっていたことは婦警さんたちが応援を呼び複数の男性警察官がかけつけていた、ということ。吾郎さんが窓も開けないので男性の警官たちが「ガラスを割っちまうか」と大声で話していたも。その後、やっと車外に出てきた吾郎さんは応援にかけつけたパトカーに乗せられて連行(上記サイトを参照)。

これが今私たちにわかる範囲で起こった出来事です。

女性が一緒だったというガセの噂もありますが、女性が車に乗って待っていたのなら(20分も車に乗って待っているなんてありえないと思いますが)、婦警さんたちが来た時に彼女が対応するはずだし、一緒に買い物して一緒に車に戻って来たのならたくさんの目情があるはず。吾郎さんは会見で、一人だったと断言しています。

とにかく上記が起こったことだとして、なぜ、こうなったか、私の推理は以下の通り。

稲垣さんとしては、「人がだんだん集まってきて、このままでは写真に撮られて雑誌に掲載されると思い」というのが本音で、撮られて記事を載せられたくない(それはもちろん自分への悪影響もあるけどSMAPにも事務所にも迷惑をかけたくなかったでしょうから。会見でもファンにすまない、メンバーにすまない、と繰り返し、あと何度も何度も名古屋でのコンサートのことを心配している発言をしています)。

さらに、稲垣さんは、婦警さんたちにも、周りに集まって来ている人たちにも、自分がSMAPの稲垣吾郎だとバレている、と思ったのではないでしょうか。ところが、吾郎さんが渋谷の街でふらっと買い物をしていたとしたらもちろんサングラスもしていたでしょうから、実際には婦警さんを筆頭に周りの人も吾郎さんだとは気づいて周りに居た人達の多くは気づいていなかった。それは記者会見で、記者さんの一人が「周りにいた方々は気づかなかった人が多かったようだが?」という質問をしていたことでもわかる。それに対しては、吾郎さんは、「少しパニックで、追いかけられていたこともあって」と答えています。

一方、婦警さんたちが取った行動はどう説明できるか?

おそらく、婦警さんたちは吾郎さんが「SMAPの稲垣吾郎」と認識していなかった。名刺をもらっていても、最初は駐禁の罰金逃れと思った、とも考えられないことはない。車が本当に当たったのかどうかはわかりませんが、「全治5日」の軽傷(考えてみてください、ちょっとした打撲でも「全治」にはふつうに10日くらいはかかりますから傷は本当に擦り傷だったと考えられます)に大騒ぎしたのは、警察の方がちょっと意地悪をしたかったのでしょうか?

ただその後、車から出てこいと言っても出てこない。車の中からその頃そんなに普及していてもいない自動車電話をかけて誰かに相談しているもよう。この時点で、婦警さんたちは、駐禁違反以上に何か後ろ暗いことを隠しているのだと疑ったのではないでしょうか。

車が本当に当たったのか、婦警さんが自分で転んだのかはわかりませんが、「車が当たって傷を負わせた」ことで、公務執行妨害か何かで逮捕する理由もできていたので、逮捕した。

ところが、逮捕後、逮捕した容疑者が「SMAP稲垣吾郎」と判明、しかも捜査しても車から麻薬も見つからず。

また、応援にかけつけた男性警察官たちは、「逃げようとしていた男」が車に立てこもった段階で明確に大麻保持を疑っていた可能性もあります。なぜなら渋谷のその場所がよく麻薬の取引がされていた場所だったから。

私は婦警さんも男性警察官の人たちも「SMAPの稲垣吾郎」が誰だか曖昧な認識のうちに逮捕したのではないかと推測していますが、その頃いしだ壱成さんの逮捕があり、SMAPのメンバーはいしださんと親交があったので、警察から目をつけられていたという話もあります。ただ婦警さんたちは交通課のふつうの警察官ですし、男性警察官も麻取ではないですから、いしださんの事件まで考えてSMAPメンバーだからということで逮捕したとは考えにくいような。

東京地検は、「犯行様態は悪質とは言えず、警察官から逃走しようという意思も稲垣容疑者には無かったと判断」し、起訴猶予に。道路交通法違反(駐車禁止)については、罰金が収められているので、検察としての判断はなし(https://response.jp/article/2001/09/21/11862.html)。

地検が「逃走しようとする意思もなかった」と地検が判断していることはとても重要です。

地検の判断が出た後も、警察からもジャニーズ事務所からも事件についての説明は何もなく、詳細は隠蔽されたまま今に至っています。

上で何度も述べていますが、この事件で吾郎さんの車のバンパーが本当に婦警さんに接触したのか、婦警さんが自分でなにかにつまずいて転んで擦り傷を負ったのか、それとも怪我そのものをしていなくて、警察病院に嘘の報告を書いてもらったのか、真実は不明です。

さらに、吾郎さん車はシルバーのマセラティ『3200GT』で「知人名義」だったということですが、吾郎さんはいつもこの車を使っていたということで、これはジャニーズ事務所がふつうにやっている「現物支給」だったのでは?つまり、事務所がギャラの中抜きをしてゲットする取り分は下げない代わりにマンションや車その他現物を買って与えるという慣習で、嵐なんかは今もこの現物支給のやり方を継続していると聞いています。

とにかくSMAP稲垣がシルバーのマセラティ『3200GT』に乗っていることは結構有名だったわけで「逃げ」られると考える方がおかしい。

吾郎さんは会見で、確かに「逃げたい、その場から立ち去りたいという気持ちが、かすめたんですか」という記者の質問に対して、「申し訳ございませんでした」と答えています。しかし、当時少なく見積もっても収入が何千万かはあった吾郎さんが駐禁の罰金を払いたくなくて逃げようとしたとか、そんなことは考えられない。警察と騒ぎになっているところをゲスな芸能記者に撮られて書かれたくなかった、というならアリですが。

駐禁をしていたのはもちろん悪い、だけど、駐禁していた人がみんな悪い人っていうことになるなら、世の中は悪い人ばっかりになってしまうw(もちろん、有名人だから理論上は一般人よりはそういうことをするべきじゃない、っていうのはあるけど)。

後から振り返ってみれば、あの時点で車を動かして、とりあえず「マスコミから」「逃げよう」とせずに、撮られても記事になってもいいから、その場で罰金を払う手続きをするべきだったのでしょうが、焦って、ちょっとパニクっている時は、そういう風にはとっさには考えられなかったことは容易に想像できる。事件当時吾郎さんはまだ20代の若者だったから人生経験も積んでいなかった。

・事実が封印されている点について

上で何度も言っているように、結局この事件についての詳細は明らかにされることなく、吾郎さんの長期の謹慎、復活ということで今に至っています。なぜ事実が封印されているか。それは、ありのままの事実を話すと警察にとって都合が悪くなるからでしょう。

逮捕をしても、警察は寛大処分、「微罪処分」で、送検を見送ることもできたのにそれをしなかったのはなぜなのかは謎(有名人を逮捕したのが、誤った逮捕ということになると警察のメンツが保てないから、不起訴になるとわかっていても送検したのでしょうか?)。

このような場合、事件を起こした芸能人が自分サイドの真実を話しても警察の悪口になってしまい、それによって自分の芸能生命が危うくなる可能性もありますし、事務所にとってもよくありませんから、吾郎さんもどれだけ陰口を叩かれることが予想できても沈黙を守る決断をした、あるいはジャニ事務所付きの弁護士がそう決めたのでしょう。私の個人的な意見としても、そうするしかなかった、それがこの場合ベストの判断だったと思います。

・SMAP解散、再始動とジャニーズ事務所

SMAPの5人がメリーさんやジュリーさんにされた数々の酷い仕打ちについても沈黙を貫き、おそらく今後も話すことはないのは、それを話すと事務所の悪口になってしまうからだと思います。

中居さんはラジオで、彼女との別れ話にかこつけて、別れる理由を言ってしまうと彼女の悪口になってしまう(から言いたくない)、のようなことを言ってたけど、これは彼のジャニーズ事務所との関係について述べていたのでは?

芸能人としては事務所が悪くても、引退するならともかく、中居さんもSMAPもジャニーズ事務所も今後もずっと芸能界で仕事をを続けるのですから、事務所の悪口のようなことを言うのは誰に取ってもよくないのだと思います。だから、ファンとしては何が起こって解散騒動になったか真実はわからないままなので、歯がゆいところはありますが、メリーさん、ジュリーさんがSMAPに対して行った嫌がらせについては話されることはなくSMAPは再始動して活躍と続けると思います。

・婦警さんたちの立場から

婦警さんや応援にかけつけた男性の警察官の方々は、おそらく吾郎さんが車に立てこもった時点で、麻薬所持、あるいは他に後ろ暗いことをしているとかなり強く疑ったのではないでしょうか。取り調べを行った結果、何も出てこなかったわけですが、それでも送検したのは上で述べたように、吾郎さんがSMAPのメンバーだったという理由でもの凄く大きく報道されてしまいましたから、ここで送検しない判断をすると「じゃあ何で逮捕までしたんだ?」ということで警察が叩かれてしまう。だから、送検して地検は起訴猶予の判断、警察も事務所も詳細は発表しない、ということで手打ちだったのではないかと推測します。

・吾郎さんの人となり

数々のエピでも明らかなように、吾郎さんはふつうの時でもどちらかというと穏便に争いごとを回避したい人です。だから、無理やり逃げようとして婦警さんに車をあてる、など100%ありえない。さらに吾郎さん自身釈放後の会見で、「今までも、自分は、自分自身は真っ当に生きていたつもり」「大勢の人がみているわけだから、人の見本になるように、夢を与えられるように」生きていきたいと話しています。

この会見は、どんなエグい質問も遮らないで、時間制限もなく行われ(しかもその映像は公開されていて、ちょっと前まではYoutubeで誰でも簡単に見れました)、この稲垣の会見で文春の記者さんなどは野次も飛ばしていたとSMAP解散騒動の折には芸能リポーターの駒井千佳子さんがおっしゃっています。そんな会見だったから、あの凄腕の飯島マネが質問のあまりのエグさに後ろで泣き崩れるほどだったそうです。草なぎさんもそうでしたが、吾郎さんは、そういう会見を堂々と受けて立って、その受け答えが見事だったため賞賛する人たちも少なくなかった。

何度も言っているように、この事件の詳細は明らかにされず、報道は全て警察側の見解で、数多くの目情はネットには上げられてもほんの少数のメディアを除いてはマスコミは考慮しなかった。

逮捕されて不起訴の場合「前科」はつかず、「前歴」がついた、ということになります。どちらにしても「不起訴」になった時点で法に触れる犯罪は犯していないとはっきりしている。

この事件は吾郎さんにとってだけではなく警察にとっても不幸な事件だったと思います。麻薬所持か何かを強く疑って逮捕までしてしまい、大きく報道されてしまった時点で警察も引くに引けなくなったのでしょう。婦警さんの怪我に関しては、擦り傷を負ったのは嘘ではないかもしれませんが、つまずいて転んだという目情もある。当たったとしても「全治5日」のちょっと擦った程度の傷ですし、本当は全治3日くらいだったのを警察病院が「5日」ということにしたのかもしれない。これらは全て私の憶測、「妄想」ですがw

ジャニーズ事務所は、ジャニタレのさまざまな不祥事を「揉み消し」ていることは読者のみなさまも薄々気がついていらっしゃると思います。吾郎さんの件は、そういうこともなく、上で繰り返し言っていますが事件の詳細の発表さえなく吾郎さんは半年の謹慎をした後、復帰ということになった。

私の個人的な見方からすると、きわめて日本的な、自分はあんまり悪くないのに「騒動を起こして申し訳ありませんでした」、というか、警察の逮捕がちょっと行き過ぎだったとしか考えられないのに、謝って謹慎して事を穏便におさめて芸能の仕事を続けられるようにしましょう、ということだったのでしょう。ファンからすると歯がゆいところも多いし、事件以降、何かにつけて吾郎さんは「婦警をひき逃げした」w悪い奴、と悪口を言われる事になった。突き詰めて言えば私は、逮捕、送検は起こってしまったことで、その処分を不当として裁判で警察を訴えたら、芸能人としてはデメリットがありすぎるから、半年の謹慎を受け入れて、事件の真相は隠蔽、ということが最悪の状況の中での最良のチョイスだったのかもしれないと思います。草なぎさんの事件もそうですが、迷惑を被ったのは本人とSMAPとジャニーズ事務所だけで、トキオの山口さんの事件のように他に傷つけた人や巻き込んでしまった人たちがいなかったのがどちらの事件に関しても幸いだったのではないでしょうか。

SMAPファンは無知なアンチがネットでこの件について吾郎さんの悪口を言っても、全く気にする必要はないということです。

Yumey

中居さんのサムガとジャニ事務所のいろいろ

中居さんが彼女との別れることについてラジオでいろいろ言ってたけど、あれは恋愛や結婚相手と別れる話にかこつけて、ジャニ事務所と別れることを言っていたんだと思う。自分の方から別れ話を切り出すのがつらい、離婚はしたくない、悪口になってしまうのが嫌。

中居さんの性格からしてパートナーがどんなに酷い人でも離婚はできたらしたくなかった、ってことだろうね。

エンターテインメントの封印の話も含めて(つまり封印が解けそうだという話だよね)別れる話をするっていうのは、中居さんはやっと少なくともジャニ本社からは離脱するのかな(ジャニ事務所と資本関連もないJドリームに移る可能性はまだあるけど)。「身になる図書館」も人気番組だった「ナカイの窓」も打ち切られて、関東ローカルの番組に左遷させられるのも意味深ですよね。これはジャニーズ事務所に雇われているバイトのネット工作員がよく言う「妄想」じゃなくて「事実」だからねw

一方木村さんはどういう形でかしらないけど、もう自由になってるっぽい。中国関連のお仕事は絶対にジュリーさんを通しての仕事ではないと思うので。木村さんこそJドリームに移籍したのかな?それともジャニ事務所内個人事務所でとりあえず自由にやれるようになったのか。

ファンミもファンが大満足の形で成功して、吾郎さんの映画はムチャクチャ評判がいいし(願わくばもっと動員数と興行収入が増えて欲しいから、見に行ける人はマックス頑張って見に行って下さい。今回の数字が吾郎さんの次の映画やドラマのお仕事に大きく影響します。バックにジャニ事務所あって黙っていても仕事が来るという状況ではないのです)、草彅さんの映画も『まく子』も好調な滑り出しみたいだし、香取さんの個展も話題になって「新しい地図」関連のお仕事は大ブレイクとは言えないもののまずまず順調です。まあ、身を切られるように悲しいゴロデラ打ち切りもありましたが(これはどう考えてもJの差し金ですよね。数字を気にする必要もなくて、テレビなんかに出ない作家さんが吾郎さんとゴロデラスタッフへの信頼から出演してくれていた貴重な番組、出版業界が業界をあげて賞賛していた番組をTBSが自ら潰すわけがないですから)。

今の時点で私が言えるのは、SMAPの再始動は既定路線だろうということ。ただ、中居さんと木村さんがカレン移籍になるかどうかはわからない。AKBグループのようにタレントの所属事務所が別でグループ活動の時だけ一緒にやるという可能性も。どっちにしてもSMAPファンは再始動については心配しなくても大丈夫だと思う。心配するべきは5人の地上波露出、テレビ番組や映画の数字をどれだけ伸ばせるかということ。CMはとてもいいものを作ってもらっていることもあり、ファンによる購買もアシストになって好調でなによりだけど、ジャニーズ事務所の藤島ジュリーさんはおそらく全力でいろいろ圧力をかけてくるから、ファンとしても全力で応援する必要があると思う。

一方ジャニーズ事務所の錦戸さんと大倉さんが関ジャニからの離脱を望んでいる、っていう話は、ジャニーズ事務所にとって最悪の形でのゲーム・チェンジャー、副社長さんたちの目論見を全く変えてしまう想定外の出来事だったと思います。嵐が来年の終わりに休止というか実質上の解散をした後、関ジャニを嵐のポジションに持って行ってジャニ事務所を運営するつもりだったでしょうから。関ジャニでもセンター的な位置にいた渋谷さん、錦戸さんを失った関ジャニには今までのような勢いはないでしょうし、芸能界で嵐のようなポジションを獲得することはありえません。つまりSMAP嵐を失い、トキオ関ジャニが勢いを失い活動が大幅に縮小されたジャニ事務所は大幅に弱小化してしまう。NEWSはスキャンダルが多いですし、ファンの数も比較的少なく、メンバーはこれまで役者仕事に押されていませんから今さらドラマや映画に出すのは難しい(出しても評判が悪ければ次がない)。キンキの剛くんは耳の病気で無理ができないし、V6も高齢ジャニでGとしてはどちらかと言えば干されてきている、Kat-tunも干されてきた、若手ジャニの知名度や人気はヲタ専レベルをかろうじて超える程度。

統括マネージャーの藤島ジュリーさんは思いきったことができない性格の方だとお見受けしますし、新しい発想で打開策を講じることもないでしょう。天下りされた櫻井さんのお父さまも電通にいらっしゃって、今までジャニーズから接待漬けだったテレビ局の幹部もいますから、テレビ局が急にジャニーズに冷たくするようなことはないでしょうが、数字を取れるジャニーズGやジャニタレがほぼいなくなっていますからゴールデンやプライム帯のドラマでジャニタレを主演させたりジャニーズGの冠番組をはじめたりすることがとても難しくなってくるのではないでしょうか。

ドラマの主演で使えるジャニタレ、長瀬二宮松潤亀梨、みんなそれほどパッとしない。山Pくんは安定した人気はあっても演技がとても上手いわけではないですし、ソロのタレントさんなのでドラマが成功してもグループに還元されない。V6岡田くんは「永遠のゼロ」を除いては映画でも数字がいいわけではないし、実は人気があってドラマで数字の取れるタレントさんではないと思います。

ドラマに出すなら目先のギャラに惑わされないで、ネットテレビでも深夜ドラマでもいいから若手ジャニーズで華と演技の才能がありそうなジャニタレを主演にして若い子がキュンキュンするような恋愛モノ、学園モノ、漫画原作の実写化などを中心に若いファンにアピールしてファンを増やすと同時に若手ジャニに演技力をつけさせることが肝要だと私は思います。ネットドラマもお金がかかると若い子は見れないから、「無料で観れる」アベマテレビその他でなければ成功しないと思うけど。

私の意見を言うならジャニーズはヲタ専のアイドル事務所に戻って、コンサートと舞台を中心に宝塚のような運営形態にするべきだと思う。もともとジャニーズのタレントは若い頃からダンスや音楽を仕込まれている、ライブ・エンターテインメンントのプロなのです。

あとは前にも言ったかもしれないけど、ゲイのジャニーさんはジャニの舞台に女優を使うなんて絶対嫌だったと思うけど、ジュリーさんも(おそらくゲイではない)滝沢さんもそういう意味での女嫌いはないでしょうから、女優さんを使ってのミュージュカルをやってもいいと思うけど。まあこれはやるならかなり先の話になるでしょうが。

SMAPはバラエティー向きの稀有なジャニタレでした。彼らがバラエティーやMCが上手なのは生まれつき才能があったというのもあるけど、スマシプの3人が生放送のいいともで、ドラマ班の木村稲垣も生放送のスマスマ特番なんかで長年鍛えられたからです。そういう経験をしていない他のジャニタレがSMAPほどバラエティーが上手くないのは当然。5人はバラエティーにかけては天才肌(中居さんに関しては血の滲むような努力の賜物かもしれないけど)で、SMAPの中では一見バラ向きでないような吾郎さんなんかも、生放送やライブイベントの生MCの現場で地味に冷静に空気を読んで上手に切り返せるスキルがある。そして生放送で面白い切り返しができるのは見かけによらず凄い度胸と大胆さ(まあ経験と実績に支えられてるんだけど)があるから。私は若手のジャニーズの番組はほぼ見ないので度胸のあるジャニタレがいるかどうか知らないけど、度胸があるな、切り返しが上手だな、と思ったジャニタレはSMAPの他だとあさイチで見ることの多かったイノッチさんだけです。

つまり私が言いたいのは、後輩くんたちはVS嵐みたいにゲームをやって数字が取れる番組や、深夜のB級バラエティーならともかくゴールデンやプライム帯の冠のバラ番組ができるようなスキルはない。だからそれは最初から諦めて深夜や週末の昼間やネットテレビで彼らに合う番組を無理しない形で育てていけばいい。もしそうやって頑張った末にゴールデン昇格することになってそれがうまくいけば勿論それはそれでいいけど(ちなみにキスマイの番組のゴールデン昇格は微妙だと思う。深夜で面白かったからゴールデンで数字が取れるとは思わないしネタ切れという問題も)。

SMAPの番組をゴールデンで見たいからジャニーズは退けと言っているのではないです。関ジャニの「ペコジャニ」が打ち切りになったように、ゴールデンに向かないタレントが無理やりやっても数字は取れないし、渋谷くんや錦戸くんのようにもともとバラエティーがそれほど好きでないタレントさんは、バラ番組をやって楽しいどころか、うまくできないし、数字も取れないし、事務所幹部に叱られるしフラストレーションが溜まってしまう(数字は取れてるけど大野くんもそれほどバラは好きそうに見えませんね)。

ジュリーさんがSMAPをお手本にしているところがそもそも間違っているのです。真実はSMAPは突然変異。

シャカリキなってジャニタレをテレビにごり押ししなくてもジャニーズはコンサートや舞台で十分収益を上げられます。また今はテレビが斜陽産業で、若い子はYoutubeやネットばっかり見ているのですから(<—ココ大事)、コンサートなどのライブイベントでがっぽり儲かっているジャニーズは、ギャラの高い地上波にこだわらないで安売りしない形でネットでドラマやバラ番組をやったらいいと思う(「安売りしない」と言うのは金を取れ、という意味ではありません。若い子は無料の動画しか見ない。上でも言ったけど、アベマテレビを活用して、アベマテレビの番組自体のクオリティーを上げるというやり方がいいと思う。アベマテレビや新しい地図の運営もジャニーズが参加してアベマテレビの視聴者が増えるのは大歓迎だと思う。飯島さんはその辺戦国武将みたいに昨日の敵は今日の友、利用できるものは何でも割り切って利用する、みたいにやると思うよ)。

ジャニ事務所が私の言っているようなことに全く耳を傾けず、今までやってきたようなイマイチのマネージメントを続けても、簡単に潰れるようなことはないからファンの人は安心して。今のAKBグループのように徐々に緩やかに、ジャニーズの番組やドラマ出演が少しずつ減っていって10年後、20年後にはごり押しのできない特別の力を持たないふつうの事務所になるだけ。それでもコンサートや舞台で収益を上げ続けることができるなら潰れることはない。ネットがもっと一般的になれば地上波に出れないことは問題ではなくなるでしょうが、今度はジャニーズが魅力的な音楽やパフォーマンスの演出を継続できるかが鍵になる。だからとにかくお金がかかってもハイクオリティーの曲を採用したり、ライブの演出も進化させる必要があるんだけどね。

いつも言ってるけどSMAPは、新しくて面白いコンテンツを作っていく、ってことに関してはそれほど心配してない。心配するべきなのは、ジャニ事務所の妨害を乗り越えて地上波テレビに出れるか、地上波テレビに出られた時数字が取れるか、面白いバラ番組が作れるか、くらいかな。ネットのバラ番組はSMAPの名前とスキルがあればそんなに心配しなくてもそこそこネット番組としては数字は取れるだろうし、SMAPのコンサや舞台は内容的にも動員数も何の心配もいらないと思うしやりたい放題w

ファンとしてはコツコツ応援するしかない。とりあえず大事なのはできるだけ「半世界」と「まく子」を見ること、4人が宣伝してる商品を買うこと。お金がない人は、ゴロデラや中居さんの番組を応援するハガキ、メールを送る、「ななにー」や5人の出演する番組ををできるだけリアルタイムで見ること、5人が出演する番組や商品についてタグ付きでツイッターでつぶやく、役に立つツイはリツイする、そんなところかな。

SMAPが再始動しても厳しい戦いになるけど、少なくとも楽しい、楽しいスマコンが私たちを待っている。それまで応援がんばろう!

追伸:3月21日、NHKのニュース9で香取さんの個展を紹介してくださるそう。貴重な地上波での紹介と香取さんのインタなので見逃さないで!

Yumey

「新しい地図」ファンミの成功の意味すること

もうみんなホント頑張ったよね。

「みんな」って3人だけじゃなく、ファンもスタッフさんたちも、裏で懸命にエールを送っていたに違いない残留組の中居さん、木村さんもだけどさ。

今だから言えるけど3人がジャニ事務所を退所して、ジャニーズの看板もSMAPの看板もなしにやってくってことは大胆な賭けだった。おそらくメリーさん、ジュリーさんの圧力が裏にあったことは間違いない残酷なスマステその他の打ち切りでもわかる通り、ジャニーズ事務所が全力で嫌がらせするだろうということもわかっていたわけだしね。

「新しい地図」を立ち上げた時だって、いったい何人のファンが会費を払ってファンになってくれるか不安で仕方がなかったでしょう。

SNSをはじめた時だって何人のファンがフォローしてくれるか未知数。SMAPファンで知ってる人も少なかったと思われるアベマテレビで無謀とも言える72時間特番を組んでいったい何人の人たちが見てくれるのか、『クソ野郎』の映画だって結果が出せるか、何一つ予想できたことなんてない。若手でもともと実績がない人たちでなくて、SMAPとして芸能界の頂点で仕事をしていた人たちが、中年になって全く予測不可能な企画に挑戦する。そりゃあ怖かっただろうよ。

今さらだけど「新しい地図」は、ファンの熱心な応援がなかったら決して成功しなかった。

ファンクラブへの課金も、ホンネテレビや「ななにー」の視聴も、『クソ野郎』の映画の興行成績も、香取さんのお洋服のお店が繁盛しているのも、フランスでの個展に数多くのファンが観覧しに行ってフランス人の関係者もとても喜んでいるのも(推測だけど)、オールフリーやファミマの商品その他3人がCMやっている商品の売れ行きがいいのも、3人の載った雑誌がバカ売れするのもすべてファンのおかげなのよ。

だから、、、、3人が何度も何度もファンミでファンに感謝してるんだと思う。記念品だってグッズとしてかなりのお値段で売ってもみんな買うような品物だし、売ったらそれなりの収益になるのに参加者にプレゼントしてくれているのは、3人が心からついてきてくれたファンに感謝してるからだと思う。

SMAPの再始動は既定路線だと思いますが、メリーさん、ジュリーさんとしては一旦(強制的に)「解散」させて、その間にファンを蜘蛛の子を散らすように散り散りバラバラにさせて、ほんの少数のファンだけがかろうじて支えている状態にしたかった、ってことかな。またそうなるとSMAPの再結成そのものができなくなるかもしれない、そしてそれはジュリーさんにとっては好都合だったのかも。

ところが、、、多くの中居さん、木村さんのファンも新しい地図の会員になってくれて、それどころか新規でファンになった人たちも少なくないし、海外の会員も含めると16万人弱の人たちがファンクラブにJoin。ネットは今もヲタ、非ヲタに関わらずSMAPを求める声で溢れている。メリーさん、ジュリーさん、彼女たちをアシストしていた小杉さんの不仲煽りも不成功に終わり、今でもSMAPメンバー不仲を信じている人って時代遅れの情弱な人しかいませんよね(w)。

今「新しい地図」のファンミが大成功で、キラキラした3人が華やかなステージで楽しそうに歌い、踊っている、ファンはその姿を泣きながら見てる。それを可能にしたのはファン一人一人の頑張り。あなたの払った会費が、あなたが『クソ野郎』の映画を見に何度も映画館に足を運んだことが、あなたのツイッターのつぶやきが、あなたの買ったオールフリーや焼き鳥が(w)、積み重なって夢のようなファンミのステージへと繋がった。

SMAPファンは2016年からもうどれだけ傷ついてどれだけ泣いたかわからないし、体調を崩して入院する人もいました。それでも投げずに、辛い時も大喜利やったりしてひたすら5人を信じて頑張ってきたファンは立派だよ。

SMAPの5人は将来的に「失ったものはみんな、みんな埋めて」くれると思う。5人の並びが見れるまでそう遠くないような気もするし、とにかくそれまでみんな、生きよう!(w)

Yumey

またまた妄想ばかり

ハイ、嵐の活動休止の件です。櫻井さんが酔って「嵐は解散する」みたいなことを言ってたっていう3流マスゴミ記事も目にしていたし、この1ヶ月くらい嵐ファンの方々が「嵐解散」を心配しているという情報も入ってきていましたが、まさか2年後に正式に活動休止が発表されるとは。

大野さんのラジオがひっそりと終わり、2016年以降大野さんの新規の演技仕事も発表されず、2019年中ドラマが決まっているのは松潤さんだけという噂を聞いて、嵐は事務所でとても押されているグループなのに、という違和感はあったのですけどね。

大野さんがかなり前から辞めることを考えていたというのは事実でしょう。しかし、今回の活動休止の決定打になったのは、女性セブンの記事にあるように結婚したいメンバーが複数いるから、というのが本当のような気がします。

会見では嵐のファンを傷つけないように、役割分担を決めて上手に説明(話していた事は真実も混ざっているけど隠していることの方が多かったと私は思っています)。一生懸命策を練って、ソフトランディングできるように努力している嵐のメンバーたちは偉いと正直私も思いました。これまであんなにダメダメだったジャニ事務所が休止会見のシナリオを上手に作れるとは思わないから、これは嵐のメンバーたちが頑張ったんじゃないかな。

一方私はSMAPの一時的な解散は嵐の活動休止、というより嵐を五輪関係の仕事に関わらせたい副社長さんたちの思惑が大きく関係していたと思っています(根拠の一つは「クソ野郎」の映画の中でストリートガールに言わせているセリフ)。

2013年に東京五輪が決まり、五輪関係の仕事に嵐をねじ込みたい副社長さんたちにとってはSMAPが邪魔。2014年にヒラの取締役から代表取締役に昇格して事務所内での権限が増大した副社長さんたちはスマスマなどに嫌がらせをしてSMAP潰しを加速。今から考えると27時間テレビでの「生前葬」でファンや世間に裏で起こっていることをちょっとでも伝えたかったんじゃないかな。さんまさんも27時間テレビの自分のペンギンスマのコーナーで「事務所と揉めるや」と言わせているから、そういう噂を聞いていたんだと推測。

それで2015年にはSMAPを潰してしまうのはまずいんじゃないかと思ったジャニーさんが親友の田辺の社長さんに後ろ盾を頼んでSMAPの新会社移籍、暖簾分けみたいなことを進めてたんじゃないかな。ここからは本当に推測でしかないけど、ジャニ本社所属でないことで、SMAPは五輪の仕事にはかかわらせない方針、SMAP側も通常の仕事が副社長さんたちからの横槍なくやれればそれは願ってもないことだから、木村さんも含めて5人一緒に移籍ということで同意した(これは直近の文春が嵐活動休止関連の記事で書いてるね)。

ところが2015年の10月頃から雲行きが怪しくなって、木村さんが(おそらく無理やり)事務所の残留させられることになり、それでも4人とGとしてのSMAPの移籍交渉が12月の頭まで続いていたんだけど、その交渉をメリーさんが潰して、受け皿もないのに4人をジャニ事務所に戻さない(当時の報道を全部読んで総合するとこうなるし、中居さんもラジオで「死ぬほど悩んでる」と漏らしている)というとんでもない意地悪をする。その後、おそらく中居さんは田辺の社長さんに相談したり、何とかメリーさんに会ってもらおうと努力をした(ソースの一つは2016年1月15日のミヤネ屋での芸能レポーター城下尊之さん。この時スポニチの阿部デスクも出演していて「SMAPの移籍は円満のれんわけ移籍だった」という大事なことを言っていました)。だけど、結局会ってもらえず、たぶん新潮のスクープが出ることを知ったメリーさんが、先手を打って懇意のスポ紙やNHKにも「SMAPが解散する」と伝えて1月13日の報道につながります。

今では木村さんの映画、「無限の住人」もだけど特に「マスカレードホテル」が木村さん残留のための人質だったと私は理解しています。残留しなければすでにその頃それなりに話が進んでいた「マスカレードホテル」がキャンセルになる、そうなると東宝やフジテレビ、何百人ものスタッフの方々がダメージを被ることになり、経済的損失も莫大。

なぜ私がそう思うのか?だって「マスカレード」が無事公開されて番宣も終わって動員数も最高っていうニュースが出たすぐその後に、木村さんが自分のラジオ番組、Flow、で「うちらSMAPで」のコールでSMAPの曲をかけてくれて、新しい地図の話題のニュース、「ぷっくりニュース」のスタッフは「マスカレード」をこれから見るというご夫婦のツイッターの写真をその日のニュース選んで、「新しい地図」が木村さんをあたたかく応援している事を表立って表明。もうジャニーズ事務所が映画に関して嫌がらせができなくなったから、ではないのかな?

私は嵐のメンバーを非難する気持ちは少しもありません。どんなに説得しても嵐をこのままの形で続けさせることができなくなったジュリーさんがとても悲しい思いを抱いた、そこでどうしても東京五輪関連で華々しく打ち上げ花火を上げたいと思ったというのがSMAP潰しの裏にあったのではないでしょうか。ジュリーさんは大金持ちのお嬢さんですから小さい頃から何でも自分の思い通りにできるのがふつうだったでしょう。彼女がSMAPを消すためにしてきたことは少々常軌を逸しているところがあります。その一つは私がこのブログをはじめるきっかけになったSMAPファンがSMAPを応援するために書いている、事務所批判もそれほどしていないブログ記事の削除要請です(これは憲法で保障されている言論の自由に抵触するので、裁判になったらジャニ事務所が負ける確率が大きい、誰も訴訟を起こさないだけで)。全く私個人の感想ですが、彼女のさせているSMAP潰し、また、嵐を上げるためにさせている不自然なことを見ていると、ワガママな子供がイヤイヤ言ってグズっているような感じを受けるのです。つまり、戦略的にジャニ事務所のためになることを冷静な頭で判断してやっているわけではないような。その証拠に、次から次へと邪魔なGを潰したり、気に入らないタレントを活動休止にさせて事務所の力がどんどん削がれるている。一方、事務所全体の利益を考えず、ただ単に彼女が贔屓にしているタレントを優遇したりしています。

ジュリーさんが飯島さんをとても高く評価していて、SMAPの成功を羨ましく思い、嵐やV6の岡田くんなどにSMAPのようなことをさせたい、というのもよくわかります。ただ嵐や岡田くんはSMAPではないので、同じようなことをさせても同じ結果は出ません。それよりも問題なのは、副社長さんお二人ともジャニーズ事務所を丸ごと譲り受けたいという強い気持ちを持っていらっしゃる。これがSMAPを強制解散させたもう一つの大きな理由でしょう。ここでの問題点は、それほど次期社長になりたいと思っていらっしゃる方なのに、SMAPも嵐もいなくなった(嵐も一旦休止をしたら戻ってこないメンバーもいるかもしれませんし、年齢も年齢ですので同じ形で活動を続けるのは難しいでしょう)ジャニーズ事務所をどのように運営していきたいのか、とういう方針が全く見えないことです。

テレビの地上波を見る視聴者の数がどんどん減っていますしテレビは斜陽産業です。その上SMAPキンキ嵐のような人気はない若手ジャニを見たいと思う一般視聴者は少ない。それなのに若手を輝かせる新しいプロデュースの方法など全く考えても取り入れてもいない感じだし、少しずつ台頭しているネットに話題になる大掛かりな形で進出しようとする気配も見られない。デビューもしていないジュニアをユーチューブで紹介するとか、配信サイトとしてイマイチのところでKat-tunに旅の番組をやらせるとか、事務所として力を入れてないことが明らか。

どちらにしても嵐を(もちろんSMAPも)失ったジャニ事務所は大幅に力を失います。でも、まあもともとのジャニーズの真骨頂は実はコンサートや舞台ですし、地上波にそんなに出れなくなってもコンサート活動には影響はない。また、今は地上波でなくてもネットでもバラエティーやドラマをやれます。アベマテレビも他の配信会社も喜んでジャニーズと協力しあうでしょう。ヲタ向けで大きなヒットにはならないかもしれないけどジャニ映画もジャニーズが出資して作っていけるはず。だからファンは自担が地上波にあんまり出れなくなったからといってそんなに悲しむ状況ではないとは思うけどね。

もう何回も言ってるけどSMAPは復活が既定路線。
ぶっちゃけ上二人が退所するのは契約更新をしなければいいだけの話なんだけど、SMAPの権利を譲ってもらわないとSMAPはできないし、SMAP曲も歌えないからそこをどうクリアーするかだよね。まあ、退所してからGLAYみたいに頑張って少しずつ取り返すっていう方法もなきにしはあらずだけど。
何らかの形でジャニーズ内独立みたいなことはできないのかなあ。ジャニーさんは新しい地図も応援してると思うし、できればSMAPと飯島さんをサポートしたい立場だと思うし。

新年最初の投稿でも言ったかもしれないけど、新しい地図の成功も、木村さんが番宣で出たバラエティーの数字や映画の興行成績がよかったのも、中居さんの番組の数字がいいのもSMAPファンの支えがあるからだと思う。オールフリーやファミマの製品をファンが頑張って買ってることが、草なぎさんのヤマサのCMの復活にも繋がった。
小さなサポートも何万人のファンがやったらかなりのものになる。ツイッターやSNSでの応援も一人一人がちょっと頑張ることでトレンドに入ったり。
辛い時もあるけどX-Dayが来る日まで頑張って応援していきましょう。

Yumey

Happy, Happy Birthday, Shingo!

二日も遅れてだけど。

偶然だけど私はお誕生日の日、名曲「Happy Birthday」が収録されてるSMAPの昔のアルバム「003」を車を運転しながら聞いていたの。

この頃慎吾ちゃんは声も歌い方も初々しくて(ぶっちゃけ子供らしさが抜けてないってことだけどw)微笑ましい。

木村さんと慎吾ちゃんが二人で歌ってる素敵な曲も入ってるから若いファンの方で聴いたことがない方はぜひ聴いてみてほしいな(ブックオフのオンラインショップでは一枚だけだけどお手頃な価格で中古品が出てたよw)。この頃は木村さんも本当にお兄ちゃんお兄ちゃんしてて、慎吾ちゃんが頼りにしてたんだろうな、みたいな感じも伝わる。お兄ちゃんに頼って、慎吾ちゃんが若々しくのびのび歌ってるみたいな。

そしてあの売れなかったことで有名な(w)「負けるなBaby」も入ってます。このアルバムバージョンはアレンジが凝りに凝ってるw

でもこの曲もメッセージ性が高い名曲で、頑張ってる若い人たちへの応援歌だね。

木村さん、直近で微博で「負けるなBaby」言ってたみたいね。

5人で集まれる日まで負けるな、SMAP!
負けるなSMAPファン!

Yumey

SMAPファン的意地悪なネットコメントの対処法

ここで扱うのはヤフコメと5ちゃんのネガティブなコメントやレスで、ツイッターについては書きません(リクエストがあればツイッターでたま〜にある返信攻撃についても別に投稿してもいいけど)。

どうしてこの投稿をしているか?読者の皆さまの中には推測できる方もいらっしゃるかもしれませんが、木村さんが鉄腕ダッシュに出演して、視聴率は山口さんが抜けて年末には13%台まで下がっていた鉄腕ダッシュを18.6%まで引き上げました。

そんな功労者の木村さんがヤフコメなんかではボロクソ叩かれてる。(1)ポケットに手を突っ込んでいた、(2)腕組みをしていた、(3)親切にしていただいた香取市の人たちにお礼を言うのが遅かった(トキオのメンバーが言った後に言った)、など。本題とは違うけど一応反論しとくね。
(1)については、食材を譲ってくれないかと頼んでいる相手の前ではほぼしていなかったと思います。(2)腕組みをして話していたのは「身内の」日テレスタッフの人たちと、一般人では木村さんに会えてむっちゃ喜んでいるずっと年下の(つまり目上ではない)お嬢さんだけでした。(3)トキオのメンバーがお礼を言ってるのを聞いて気がついてお礼を言った、っていうことだけど、木村さんこの番組に出るの初めてだよ?しかもいらない食材をタダでもらうとか、人生でやったことないでしょ?w 木村さんは香取さんや中居さんみたいにロケで一般人とアポなしで接触して作っていくバラエティーとか慣れてないし、5ちゃんの芸スポスレの書き込みで「ふつうにお礼も言ってたし、頭も下げてて、ここまで叩かれるほどひどくなかった」っていうのがあったけど、それが当たってると思う。

あと、これは誰かのコメントの受け売りだけど、一般人の方と接してバラエティーを作っていく時にはあんまり堅苦しいと向こうも緊張して固苦しくなっちゃって、うまくいかなくなることも多いと思う。鶴瓶さんがNHKでやってる番組なんかは鶴瓶さんのズケズケグイグイいくキャラで番組が持ってるわけだし。堅苦しい敬語じゃなくてカジュアルな態度でやるというのはそういうメリットがある。

もう一つ頭に置いておくべきなのは、ダッシュのファンはジャニーズの後輩が来ると「役立たず」とか「戦力になってない」とか言って叩く。今回、木村さんは即戦力になってそこは叩けないから違う部分で叩かれてる、というのもあるわけ。

ヤフコメは全部が全部SMAPファンが木村さんも含めてSMAPを応援していくにあたってマイナスになるものではなく、ファンがポジティブなコメントや一般の人が知らない情報を書き込むことによって応援を後押しすることもできるツールです。

ただ、ヤフコメでは剛力さんや工藤静香さん、和田アキ子さんなど、特定の芸能人で的になってしまっている人はボロボロに叩かれる。今回は木村さんがそのターゲットになってしまった。

5ちゃんねるは、この記事を読んでくれている読者の方々は見たこともない方も少なくないかもしれませんが、芸スポの板なんかでは、実は一方的に叩かれていると「そうでもないんじゃない?」「叩きすぎ」というレスが必ず出てくるし、SMAPの場合は芸スポ民はヤフコメのようなシンプルな叩き方をする人は若干少ない。あと、視聴率情報、映画の興行成績について語る板では数字が全てだから数字の取れる木村さんを叩くのは特定のアンチの人だけ。

さらに、これは5ちゃんねるの方が多いような気もするけど、木村さんにはもう何年も前からどこの事務所が雇っているのか知らないけど木村叩き専門のネット工作員が雇われていて木村さんのドラマのスレッドでもオウムのように単純なアンチレスを繰り返す。工作員は複数回線を使うから単発レスが多い。これはパリピアが退所する前にも酷くて、パリピアを叩いていたのはおそらくジュリーさんに言われてネット工作をしているバイトの工作員だったのかな。このことを頭に置いて、おバカな工作員が連投していても気にしない、無視することです。

私からのアドバイスとしては、ネガティブなコメントやレスを見たくない人はヤフコメや5ちゃんを無視して、ヤフトピでも記事だけ読んでファンの方々との間で心温まるツイッターでのやり取りをしていればいい、ということです。

でなければ、自分のコメントだけ超ポジテイブなものを書き込んで他のコメントやレスを見ない。読みたいならSMAPに好意的なトピックを選んでそれだけ読む、5ちゃんなら5人のSMAPを応援しているスレッドだけしか読まない、書き込まない。

私自身はたま〜に役に立つ情報が落ちているのと、やっぱり少しでも応援したいから時間に余裕がある時は自分の意見や反論を書き込みます。

SMAP擁護のコメントやレスをすることで役に立つことも少なくないし、たまにはスレッドの流れを変えることもできるんだけど、今回の木村叩きみたいに勢いがある叩き(ヤフコメの方)の場合、流れを変えるなんて全然無理。ただ抵抗しないよりはした方がいいし、青ポチの半分くらいの人たちが私の意見に賛同して赤ポチしてくれるし、赤ポチしなくても私の返信を読んでくれてそれが少しはその人の頭に残る可能性もある。

それでも、この記事を読んでいるSMAPファンのお嬢さんたちにはネットで戦うことはおすすめしないかも。ツイッターその他のSNS通じた応援、SMAPさんたちのラジオにメールを送ったり、テレビ局に感想を書いたり、みたいなポジティブな役に立つ応援の仕方は他もあるよね。あと、SMAPの応援もそれなりに大事なんだけど、本を読んだり楽しい動画を見たりお散歩したりお友達とおしゃべりしたり人生を豊かにするアクティビティも大事です。

ネットを使う人は多くてもヤフコメや5ちゃんをやるネット民というのは実はそれほど多くありません。5ちゃんなんてかなり少ない。だから木村さんなんかはどんなにネットで叩かれてもそれほど人気落ちないというのがある。

「マスカレードホテル」、私はまだ見れていませんが、とても楽しい娯楽大作って感じの映画なのかな?かなりヒットしそうな感じで嬉しいですね。

木村さんはSMAPの曲を新しい番組になってから初めてラジオで「うちら」「SMAPで」のコールでかけてくれましたし、香取ブログのたまごも意味深ですよね〜。「新しい地図」はぷっくりニュースに「マスカレードホテル」を観劇するという方々のツイッターを選んでいましたね。SMAPのファンには楽しい未来が来ると思いますよ♡

Yumey

SMAPファンのみなさまへ:新年のご挨拶

新年おめでとうございます。

中居さんがクリスマスの夜、月曜日のスマスマの時間に「雪が降ってきた」をラジオでリクエストしてかけてくれてから、メンバーたちのSMAP愛がだだ漏れ。

香取さんが豊洲の新しい劇場で個展を開くという嬉しいニュースもありましたが、大きなハートと小さなハートを使った新聞広告には6つの小さな星とSの文字が隠されていました。

木村さんは相変わらず微博やGyaOの配信の番組で5スマを匂わせていますし、中居さんは「ナカイの窓」でド直球で「ファミマの焼き鳥」「スゲーうまい」ってw

3年前の1月13日はのほほんと年末年始の歌番組やSMAP出演のNHKのど自慢を見て楽しんでいたSMAPファンを驚愕させたSMAP解散報道が一番最初に出た日です。

香取さんはツイッターで千秋楽、1月13日と明記した上で、千秋楽後のインスタや草なぎさんと一緒の帰京の様子などいろいろ報告してくれて、さらに意味深なお話をブログに投稿。「1月13日」がトラウマの日でなくて楽しい思い出の日になるように、スマヲタの記憶を上書きしてくれてるのかな。

木村さんの「マスカレードホテル」の公開日はあの恐怖の謝罪会見のあった1月18日です。こちらも偶然ではなく、私たちのために1月18日が楽しみな日になるように考えてくれたんじゃないかな。

解散騒動勃発から3年、少なくとも表面上は「解散」して5人の並びを見れなくなった日から2年、私たちSMAPファンは本当に頑張ってきたと思います。だから、今までブレずに(たま〜にブレたことがあったとしても)5人を信じて応援してきた人は頑張った自分を思い切り褒めてやっていいと思う。

私は結構な年数外国暮らしだったんだけど、日本人、特に女性はもっと自分を褒めてやるべきだといろんな場面で思いました。日本人の女性は私もそうなんだろうけど、謙虚すぎたり、自分に厳しすぎたり。

親しい家族や友人でも誰かの熱心なファンをやったことがない人にはわからないわけだけど、この3年スマヲタが経験したことはハンパなくしんどいことだったと思います。

SMAPのメンバーたちもできる範囲でメッセージを拡散しようとはしてくれてたし、ツイッターその他のSNSで心が明るくなる言葉を発信してくれるファンや有名人の人たちも少なくなかったけど、腐らずポジティブに3年もの長い間、無知な一般の人たちに馬鹿にされたりしてもSMAPさんたちを信じて応援してきたファン(あなたのことです!)ってふつうに偉いよ。偉い、よく頑張った!

SMAPファンには今後絶対いいことがあるよ。
「約束の場所」でメンバーたちやファンが再会できる日は必ず来ると思います。

Yumey